company

GERVASONIはその前身企業であるSocieta Furiulana Industria Viminiとして1882年に創立。現在はジェルバゾーニ家の第3世代であるGiovanniとMichele兄弟が継承しています。イタリア北東部パヴィア・ディ・ウディネにオフィス・工場を含め30,000m2もの敷地を所有し、総社員数は80名に及びます。
アートディレクターPaola Navoneを筆頭にMarco Piva, Michael Sodeau, Jasper Startupの様な有名な建築家やデザイナー達とのコラボレーションと、絶え間ない新素材の追求により高品質な製品を造り上げてきています。
それらの商品はインドア・アウトドアの両方において、住宅市場のみならずホテル・レストラン及びクルーズシップ等世界中のラグジュアリーシーンでも活躍しています。

history

1882年GERVASONIの前身企業であるSocieta Friulana Industria Viminiが創立し、ローカールマーケットを相手にViminiという地元の素材を編込んでバスケットや小物を作るメーカーとしてスタートしました。

1925年Giovanni Gervasoniがこの会社を譲り受け、ビジネスパートナーであるDanilo Della Martinaと共に家具製作を強化する為新しい素材を加えたり、新たに労働者の雇用や素材を曲げる機械等を購入し、当初北イタリアからビジネスを始め、その後イタリア全土へとマーケットを拡げて行きました。
1930年友人のPietro Dal Veraと共に建築家や名匠とのコラボレーションを開始。世界的な経済不安にも関わらず売上は順調であり、イタリアを始めポーランド、スウェーデンの大型客船向けの家具の受注が入り始めました。
1939年当時の会社"GERVASONI&C"はそのマーケットに於いて拡く認められる事となりました。

activity

1958年Giovanniの息子であるPieroがGERVASONIに入り、後にGiovanniが引退するまで彼を事業でサポートする事になりました。 

sustainability

1965年PieroはGERVASONIと並行してデザイン会社Germaを設立し、さらには現在の本社がある場所に新工場を設立、世界中への輸出を増やしていきました。
さらに近代的な製造方法に適合した新たなる素材を採用し、一般住宅、ホテル、レストラン、クルーズシップへ家具を供給していきました。 

material

1996年彼らは現在のアートディレクターであるPaola Navoneとのコラボレーションを開始しGERVASONIは業界に於いて大きく飛躍しました。

material

それを機に1999年Pieroは彼の息子達であるGiovanniとMicheleに経営を託しました。
現在は経営をGiovanniが、セールスをMicheleがそれぞれマネジメントしています。
2009年彼らは高品質な無垢木製チェアのOEM工場である会社IFAをグループの傘下に組み入れた後、コントラクトマーケット向けブランドの"Very Wood"の展開を始めました。 
2012年には"睡眠の文化"を提唱する新しいベッドブランド"Letti & Co"を、GERVASONIのアートディレクターをつとめるPaola Navone とのコラボレーションにより展開を開始し現在に至っています。

material

世界的な家具見本市で今年開催52回(2013年)を数えるSalone Internazionale del Mobileには、第1回目より毎年出展している数少ないブランドとして近年多くの注目を集めています。住宅だけではなくホテル、レストラン、及びクルーズシップ等世界中のラグジュアリーシーンで活躍しており、現在は世界50カ国以上に輸出しておりイタリア国外での売上が総売上の65%を占めています。

material

GERVASONIは生産サイクルの全過程に於ける持続可能性の追求を続けています。
さらに会社の姿勢としての環境保全への配慮もこれまで取得してきた環境に関する幾つかの国際基準によって明確に証明されています。
(2004年 UNI EN ISO14001, 2008年 UNI EN ISO 9001, 2012年 OHSAS 18001)

material

天然素材や人工製品等の異素材の組合せがGERVASONIコレクションの特徴の一つであり、新たな素材の組合せを縫製や編込みにおける卓越した技術とその豊富な経験により実現しています。
藤、ラタン・コア、マニラ、ラタン、マニラ麻、竹、パーチメント、マラッカ藤、ブラックウォールナット、パイン、チーク、アルミニウム、鉄、砂岩等、一般的に使用されるものから全く自然な状態で使用されるエキゾチックな材料によってコレクションが構成され、表層仕上げのバリエーションによってそれぞれが特徴付けられています。

トリノ工科大学の建築学科を1973年に卒業。 1970年から1980年まで、イタリアデザイン界に於いて最も革新的なデザイン集団であるアルキミア・グループに属し、アレッサンドロ・メンディーニ、エットーレ・ソットサスJrやアンドレア・ ブランジと共に働きました。その経験が高い生産性と刺激的で前衛的なスタンスを育み、1983年には、その年が最初となった名誉ある大阪国際デザイン賞を贈られることとなりました。
トリノで生まれ、後にミラノに移住したパオラ・ナヴォーネですが、何よりも彼女は世界市民と言って良いでしょう。
というのも、特に東洋の多様で異なる文化への極度な関心に突き動かされた結果地理的なものだけでなくその文化の境界線を越えて傾倒してゆき長く旅を続ける事となったからです。
そんな彼女の長いキャリアが、建築家、デザイナー、アートディレクター、インテリアデザイナー、評論家、教師、展示会やイベント主催者等の役割を上手にその都度自在に切換えてこなしていきます。
1998年以来、GERVASONIコレクションの大部分をデザインすることに加えてアートディレクターの役割を務めています。

デザインを手がけた主な活動ブランド

AbetLaminati(アベット ラミナティ)
Armani Casa(アルマーニ カーザ)
KnollInternational(ノール インターナショナル)
Alessi(アレッシィ)
PiazzaSempione(ピアッツァ センピオーネ)
Mondo(モンド)
Driade(ドリアデ)
Orizzonti(オリゾンティ)
Arcade(アルカーデ)
Oltrefrontiera(オルトレフロンティエーラ)
Casamilano(カーサミラノ)
Antonangeli(アントナンジェリ)
Dada(ダダ)
Molteni(モルテーニ)
Natuzzi(ナツッジ)
Roche Bobois(ロッシュ ボボワ)
Swarovski(スワロフスキー) 等